So-net無料ブログ作成
検索選択

政治のこと(2012年12月)

年内に一度は更新しようと思ったのですが、まともな読書ができていないので、投票日の迫った多党乱立選挙の感想を、当局から怒られない程度に記録しておきます。

最も興味があるのは、民主党がどこまで小さくなるか、です。
その時々に応じた理屈を使い分けることにだけ長けた人の集まり、という印象があって、これまで一度も期待を向けたことのない政党です。

また、比例区の大幅削減を与党の立場で強行しようとした浅ましさは、今年のワーストニュースと言いたい程です。
詳細は省きますが、少数意見の尊重、という民主主義の最大の戒めを党利のためにないがしろにした暴挙だ、と判断しています。

少数意見政党と言えば、共産党やら社民党、その他・・・。
これらを支持する国民の声が国政に届かなくなるようなことがあってはなりません。
誰の言葉だったか忘れましたが、君の意見には反対だが君が自由に意見を述べる権利を守るためなら私は命をかける、と言った人こそが、善き民主主義者だと思います。
一方、二大政党制が真の民主主義だ、などという主張は、倫理観や論理的根拠のはっきりしない戯言です。

いわゆる第三極では、政策の一致を大切にするかどうかが分水嶺になったようです。
大阪維新の会には期待していたのですが、明らかに政策が異なる諸党との合流を目指し始めた頃から全く興味がなくなりました。
むしろ、日本未来に合流した諸党の方が、結果的にはそれなりに一致した政策集団になったように見えます。
孤高とすら言える“みんなの党”は、一貫した政治思想から論理的に導き出される政策を堅持しています。ほぼ唯一、脱原発論だけは少し苦しい主張になっているかもしれません。

私個人は自由主義者(経済・社会制度において)です。
TPPの推進は当然だと思うし、制度の簡略化や地方分権によって中央政府をできる限り小さくすべきだと考えていますので、支持政党も自ずから明らかです。残念ながら小選挙区の投票先としては選べませんが・・・。

ところで、批判勢力から極論扱いされている「アベノミクス」については、教科書通りの王道政策を述べているだけ、とかなり好意的に理解しています。批判している側の論旨にこそ、経済音痴ぶりが目立つのではないでしょうか。
安全保障についても、安倍元首相の主張を理解できます。
私個人はかなり強い平和主義なのですが、現実の政治ではややタカ派的な首長の方が上手く行く、とも判断しているからです。(ただし、平和原理主義的な少数政党の存在が前提。)
安倍さんの改憲論にも正しい論点を見出しています。つまり、憲法と自衛隊の実態とのかい離こそが問題である、という点では一致しているのです。(憲法上で自衛隊を定義づけることによってこそ、平和主義国家としての適切なチカラの管理が可能になる、というのが私の考え。)



以下、最近読んだ政治関連の推薦本です。

今こそアーレントを読み直す (講談社現代新書)

今こそアーレントを読み直す (講談社現代新書)

  • 作者: 仲正 昌樹
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/05/19
  • メディア: 新書


再読。
全体主義批判などで活躍した思想家アーレント(アレントとも書く)への入門書。


頭を冷やすための靖国論 (ちくま新書)

頭を冷やすための靖国論 (ちくま新書)

  • 作者: 三土 修平
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2007/01
  • メディア: 新書


特定の主張に偏ることなく、歴史的経緯が広く正確に整理されているように思える良書」。
現実にどうするのか、とか、現在の私たちの受け止め方は、といった論点での記述は少なく、かつ私には異論のあるものでしたが。

2012-12-14 17:31  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  共通テーマ: [時事]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。