So-net無料ブログ作成

高齢者にこそ最新タブレットPC

右半身麻痺の父は、電子書籍と10インチタブレットをうまく使っています。
左手だけでほとんど全ての操作ができますし、文字を読みやすいサイズに拡大するのも簡単ですから。

この半年程で買った広義のタブレットPCは、4台です。

1)kobo touch(楽天電子書籍)
 安価な電子書籍端末がこれしかなかった頃に買いました。
 ほぼ一貫して、父が使っています。
 もともと、介護リハビリ施設での空き時間によく本を読んでいましたが、左手しか使えないと意外に大変だったようです。
 これを買ってからは、教養書や古典文学の類を、相当なペースで読んでいます。

2)kindle fire HD(アマゾン7インチタブレット)
 日本発売を待ちわびて、予約して買いました。
 画面も音も美しく、大変満足しています。
 android端末としてはアプリが少ない、という意見も聞きますが、私はこれで十分です。
 むしろ、色々な意味で危険なアプリが排除されていて安心、という気分で使っています。

3)kindle paperwrite(アマゾン電子書籍)
 しかし、本を読むならやはり電子書籍専用端末。
 軽くて持ち運びしやすいので、いつも持ち歩いています。
 あちこちで使い分けるために複数台持ちたいくらいに、気に入っています。
 
 ところで、楽天とアマゾンでは、今のところ圧倒的にアマゾンに軍配を上げたいです。
・何よりも、一度コンテンツを購入すれば、端末を入れ替えても買いなおす必要がないこと。
 他の楽天等では、端末ごとの購入が基本なので、端末が壊れたらそれまでです。
・ストアサイトの使い勝手も、アマゾンの勝ち。
 というより、楽天のサイトが貧弱すぎます。動作は遅いし、検索機能も足りないし。

 そういうわけで、父にもkindle(アマゾン)の電子書籍を利用してもらおう、と思って買ったのが、これ。
4)nexus10(Google10インチタブレット)
 専用アプリを入れれば、kindle端末としても使えます。
 1台めの楽天端末も外出用として使い続けていますが、有料コンテンツは、なるべくこちらで利用してもらうつもりです。
 自宅のデスク専用として、やや大型のタブレットを選びました。
 何とか片手でもとり回しできるようですから、丁度良い選択だったようです。
 電子書籍としてだけでなく、ニュースサイト閲覧などにも十分に活用できているようです(10インチで正解)。
 
一方、私は、従来型のノートPCも手放せません。
キーボードの便利さ、自分でカスタマイズできる範囲の広さ、等々、メインPCとして必要な機能がタブレットPCにはありませんので。
ノートPCがタブレットPCに置き換えられている、とも報道されていますが、実情は違うのではないでしょうか。
タブレットPCはあくまでも新しい用途を開拓しているだけで、ノートPCの売上が激減しているのは、数年前からノートPCの性能が飽和していて買い替えサイクルが長くなっているからだ、思うのです。
私自身、3年前くらいに買ったWindows7(A4サイズ)と7年前くらいに買ったWindowsVista(B5サイズ)の2台でほぼ満足しています。(メモリ増設やバッテリ交換はしました。)
2013-05-30 23:20  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)  共通テーマ: [時事]

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。